FAQ-よくあるご質問

PTC Creo Parametricでファミリーテーブルの寸法値を表にする方法

2017.09.20

Topics: ヒントとテクニック, PTC Creo Parametric(Pro/ENGINEER), 図面

Creo Parametricのファミリーテーブルの値をテーブルに表示

PTC Creo Parametric (Pro/E)では、ファミリーテーブルを使用すると既存部品のバリエーションモデルを作成できます。これらはねじやボルトなどの類似形状作成に大変便利です。ファミリーテーブルで作成された部品の寸法は、図面の表として表示することができます。ここではその作成方法をご紹介します。

作成方法

  1. ファミリーテーブルを含んだモデルの図面を作成します。
    20170920-ptc-creo-hint-technique-creo-create-table-family-table-value-img_02.png
    *この図ではLENGTH, DIAMETERという寸法名(寸法シンボル)で表示しています。
    PTC Creo Parametricで図面の寸法値を寸法名で表示する方法はこちらから

  2. 今回の例では、ファミリーテーブルで制御されている寸法、LENGTHとDIAMETERを表にします。まずは3x2のテーブルを作成します。1行目には「部品名」「LENGTH」「DIAMETER」のようなテキストを入力します。
    Creo Parametricで3x2のテーブルを作成する

    Creo Parametricで作成されたテーブル

  3. それぞれ3つのセルには、個別にリピート領域を指定します。
    リピート領域>追加>左のセル内をを2回クリック>中央のセル内をを2回クリック>右のセル内をを2回クリック>メニューマネージャ終了
    Creo Parametricでリピート領域を作成する


  4. 左のセルにファミリーテーブルインスタンス名を表示させます。左のセルをダブルクリックし、次の順にクリックします。
    fam>inst>name
    ファミリーテーブルのインスタンス名を指定

  5. 中と右のセルに寸法値を表示させます。中央のセルをダブルクリックし、次の順にクリックします。
    fam>inst>param>value
    ファミリーテーブルの値を指定

  6. テーブル更新をクリックしてテーブルを更新します。ファミリーテーブルが持つ値がすべて表示されます。
    Creo Parametricのテーブルを更新

  7. 表示された値をフィルタによって必要なものだけ表示します。
    リピート領域>フィルタ>領域を選択>追加
    リピート領域を選択 (この図ではLENGTHの下にある領域)
    20170920-ptc-creo-hint-technique-creo-create-table-family-table-value-img_09.png
    ダイアログに次のように入力します。ここでLENGTHは寸法シンボルです。これはモデルによって異なりますのでご注意ください。
    &fam.inst.param.name == LENGTH
    (該当する寸法シンボルがd0の場合は.....== d0 とします。)
    Enterキーを2回押すか、緑のチェックボタンを2回クリックします。
    メニューマネージャで、実行>テーブル更新と順にクリックするとテーブルがフィルタされます。
    リピート領域のフィルタを提供しテーブルを更新

  8. 同じように、右となりのセルには
    &fam.inst.param.name == DIAMETER
    と入力しテーブルを更新します。これらの意味は、値として入力したものだけを表示しなさいという意味です。
    最終的に次の図表のようになりました。
    ファミリーテーブル部品の寸法値でテーブルを作成した結果

PTC Creo ロゴ

Advanced Assembly Extensionと構想設計の良い関係

FAQの更新情報

FAQの新規追加情報や、更新情報を送りしております。ご連絡を希望される方は、下記にEメールアドレスをご登録ください。

PTC Creo Parametric パッケージのご紹介資料