FAQ-よくあるご質問

Creo Parametric 4.0で体験する拡張現実

2017.06.22

Topics: ヒントとテクニック, PTC Creo Parametric(Pro/ENGINEER), Creo 4.0, AR, Vuforia, Thingworx View, Augumented Reality, 拡張現実

 Creo Parametricの3DデータをARを活用して見ている画像

Creo Parametric 4.0 M010よりPTC Thingworx View( Vuforia )を利用して拡張現実を体験する機能が追加されました。

拡張現実を体験する

拡張現実を体験するには以下の方法を実施します。
拡張現実(Augumented Reality:AR)を体験するにはPTCユーザーアカウントが必要になります。
体験にはCreo Parametric 4.0 M010以降のリリースが必要です。F000ではご利用いただけません。

拡張現実で使用するデータをパブリッシュ

  1. Creo Parametric 4.0 で部品またはアセンブリをオープンします。
    Creo parametric 4.0 M010から追加された拡張現実のグループ

  2. ツールタブ:拡張現実グループの「ThingMarkを追加」をクリックし、ThingMarkの配置を制御します。Thingmarkダッシュボードの緑のチェックボタンを押して配置を完了します。
    ThingMarkはモデルツリーのフッターに配置されます。
    Thing Markを追加

  3. モデルをパブリッシングをクリックします。
    Thing Mark モデルをパブリッシング

  4. 表示されるエクスペリエンスモデルをパブリッシュダイアログで、モデル名を入力します。ThingMarkを選択し、すでに作成したThingMarkを選択します。選択はモデルツリーのフッターからも可能です。最後にOKボタンをクリックします。
    Creo Parametricでモデル名を確定してThingMarkを選択

    *初めてパブリッシュを実施する場合には、ログイン画面が表示されます。このログイン画面には、お持ちのPTCアカウントとパスワードを入力してログインします。
    以上でThingworx Viewで見るためのデータアップロードは完了です。
    PTCアカウントでログイン

    メッセージ領域にはCreo Viewファイルが作成されました。と表示されますので、ここではViewデータを作成してPTCのサーバーにアップロードしているものと思われます。
    この体験では、どこのサーバーにアップロードしているのかわかりませんし、パスワードなどの保護もありませんのでアップロードするデータには十分にご注意ください。

  5. パブリッシングに成功ダイアログで「閉じる」ボタンをクリックします。
    Thingworkエクスペリエンスサーバーにモデルをアップロードします。
    Thingworxエクスペリエンスサーバーにアップロード成功


  6. 最後にThingMarkを印刷をクリックして自分のThingMarkをプリントします。
    ThingMarkを印刷

Thingworx View( Vuforia )で閲覧

拡張現実モデルをご覧になるには、無料のThingWorx Viewをダウンロードしてご利用ください。
iPhone iPadなどiOSを使用したApple製品対応のThingworx Viewはこちらから
https://itunes.apple.com/jp/app/thingworx-view/id1076700285?mt=8

androidを使用した製品に対応したThingworx Viewはこちらから
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ptc.vuforiaview&hl=ja

フリーミアムライセンス(Freemium License)について

今回ご紹介した機能はフリーミアムライセンスにより、最大で5つのモデル(部品またはアセンブリ)データをパブリッシュ(アップロード)できます。5つを超えてパブリッシュした場合には古いデータから順に削除されます。体験モデルはパブリッシュから6か月を経過するとサーバーから自動的に削除されます。


PTC Creo ロゴ

Advanced Assembly Extensionと構想設計の良い関係

FAQの更新情報

FAQの新規追加情報や、更新情報を送りしております。ご連絡を希望される方は、下記にEメールアドレスをご登録ください。

PTC Creo Parametric パッケージのご紹介資料