FAQ-よくあるご質問

Windows10 Creators Update後にPTC Creoが起動しない

2017.12.04

Topics: ヒントとテクニック, PTC Creo Parametric(Pro/ENGINEER), 環境設定・インストール

Windows 10 Creators Update後、PTC Creo ParametricやPro/ENGINEERが起動しない現象が発生しています。今回は原因とその対処法をご紹介します。

PTC Creo Windows 10ロゴ

現象

Windows 10のCreators Update後、Creo ParametricやPro/ENGINEERが起動しない。

原因

現在発生している主な現象はライセンスサーバーが停止してしまうことが原因です。
以降問題の発生パターンをご紹介します。

PTC FLEXnet Admin License Serverを利用の場合

Creo 2.0以降のインストールメディアに同梱されたPTC FLEXnet Admin License Server の場合はライセンスサーバーが使用しているサービスlmadmin_ptcがCreators Updateによって削除されてしまいます。この場合は、ライセンスサーバーをインストールメディアから再インストールします。reconfigureによる再設定では復旧できませんのでご注意ください。

  1. インストールメディア内のsetup.exeを管理者として実行
    PTC Creoインストールメディアのsetup.exeを管理者として実行

  2. ライセンス設定にチェックして「次」
    20171204-ptc-creo-license-support-unable-launch-creo-after-windows-update-img_03.png

  3. PTCライセンス契約画面で同意にチェックして次をクリック
    PTCライセンス契約画面で同意にチェックして次をクリック

  4. ライセンスリスト内のマイナスボタンをクリックします。
    20171204-ptc-creo-license-support-unable-launch-creo-after-windows-update-img_05.png

  5. 使用中のlicense.datファイルをドラッグします。このファイルは次のフォルダに格納されています。
    C:\Program Files\PTC\FLEXnet Admin License Server\licensing
    20171204-ptc-creo-license-support-unable-launch-creo-after-windows-update-img_06-1.png

  6. 使用可能のステータスが確認できたら「終了」をクリックします。
    PTCライセンスサーバーのインストでステータスが使用可能になったら終了をクリック

以上でサービスが再作成されるとともにライセンスサーバーが起動します。

FLEXlm server for PTCを使用の場合

Creo 1.0以前のメディアで提供されたライセンスサーバーが使用しているサービスFLEXlm server for PTCの場合、今のところ削除されることはないようです。
もしこのバージョンをご利用中で、Windows 10 Creators Updateを実施後にライセンスサーバーが停止した場合、通信機器の優先順位が変更されている可能性があります。Creators Updateでは通信機器の優先順位を設定したレジストリの内容もリセットされてしまうようです。リセットされるとライセンスサーバーが使用するMACアドレスの優先順位が変更されてライセンスサーバーが停止します。この場合は「レジストリから通信機器の認識優先順位を変更する方法」で紹介している方法で優先順位を変更してPTCライセンスサーバーソフト(FLEXnet)を再起動します。

Windows 10のCreators UpdateでCreoが起動しなくなったらまずは上記をお試しください。

PTC Creo ロゴ

Advanced Assembly Extensionと構想設計の良い関係

FAQの更新情報

FAQの新規追加情報や、更新情報を送りしております。ご連絡を希望される方は、下記にEメールアドレスをご登録ください。

PTC Creo Parametric パッケージのご紹介資料