FAQ-よくあるご質問

PTC Creo Parametricで起動時のワーキングディレクトリを指定する方法

2017.10.27

Topics: PTC Creo Parametric(Pro/ENGINEER), 環境設定・インストール, PTC Creo, PTC Creo Parametric

これはPro/ENGINEER Wildfire 4.0の設定画面です。以前のバージョンでは、このようにインストール設定画面で起動時のワーキングディレクトリを指定することができました。
PTC Pro/ENGINEER Wildfire 4.0のインストール設定画面

PTC Creo Parametric 2.0以降のバージョンではインストール時に起動時のワーキングディレクトリを指定はできません。ここではインストール後、起動のワーキングディレクトリを指定する方法をご紹介します。

指定方法

ワーキングディレクトリの指定は、起動ショートカットアイコンのプロパティでおこないます。

  1. 起動ショートカットを右クリックしてメニューから「プロパティ」を選択します。

    Creo Parametric 4.0の起動ショートカットのプロパティをオープンする


  2. プロパティ内の「作業フォルダ」に起動時のワーキングディレクトリを記述してOKボタンで閉じます。
    Creo Parametric 4.0の起動ショートカットのプロパティ

  3. 修正したショートカットアイコンを使用してCreo Parametricを起動すると、起動直後のワーキングディレクトリは「作業フォルダ」指定した位置になります。

ショートカットから設定するこの方法は、Pro/ENGINEER Wildfireシリーズでも有効です。ぜひお試しください。

FAQの更新情報

FAQの新規追加情報や、更新情報を送りしております。ご連絡を希望される方は、下記にEメールアドレスをご登録ください。

PTC Creo Parametric パッケージのご紹介資料
eBook PTCソリューション構成設計をダウンロード