FAQ-よくあるご質問

PTC Creo Parametricのオフセット解析について

2015.10.14

Topics: ヒントとテクニック, PTC Creo Parametric(Pro/ENGINEER), PTC Creo

説明

Pro/ENGINEERからPTC Creo Parametricまで利用できる「オフセット」という解析があります。この解析で何が確認できるのでしょうか。

PTC Creo Parametricのオフセット解析結果

 

どんなときに使えるのか

キルト(サーフェス)を使用した厚み付けや、シェル化でエラーが発生することがあります。サーフェスのオフセットができないことが、エラーの主な原因です。エラーが発生した場合にプレビューは表示されないので、どのあたりで問題が発生しているのかを知ることはできません。そんなときに活用できるのが「オフセット解析」です。上の図は、キルトに適用したオフセット解析の結果です。オフセットと共にサーフェスがねじれていることが判ります。これだけで、どのあたりに問題があるのかを推測することができます。例えサーフェスがねじれようと、本体エラーでサーフェスが作成できないオフセット値であっても、気にすることなくオフセットの結果を表示できるのがこのツールの良いところです。

オフセット解析はどこに?

オフセット解析は、解析タブ:ジオメトリ検査グループ下のリストを展開するとアクセスできます。キルトなどのサーフェスを選択してから「オフセット」を選んでも、「オフセット」を選んでからサーフェスを選択しても構いません。

PTC Creo Parametric オフセット解析の位置

オフセット解析のダイアログ

オフセット解析では、次のようなダイアログが表示されます。ダイアログ内で必要な値や参照を指定できますが、グラフィックウィンドウのハンドルを移動すれば問題箇所が判断できますので使用することは少ないかもしれません。このダイアログではジオメトリとしてキルトが指定されていますが、カーブでも構いません。

PTC Creo Parametric オフセット解析ダイアログ

サーフェスのオフセットやシェル化ができない場合には、是非「オフセット解析」をお試しください。

新規CTA

01_ptc_creo

 

Advanced Assembly Extensionと構想設計の良い関係

FAQの更新情報

FAQの新規追加情報や、更新情報を送りしております。ご連絡を希望される方は、下記にEメールアドレスをご登録ください。

PTC Creo Parametric パッケージのご紹介資料