FAQ-よくあるご質問

PTC Creo Elements/Direct ModelingのAnnotationでアセンブリ内の特定のパーツだけを図面内で表示する方法

2015.10.13

Topics: ヒントとテクニック, PTC Creo Elements/Direct

説明

PTC Creo Elements/Direct ModelingのAnnotationでは、アセンブリ内に存在する特定の構成部品やサブアセンブリのみを表示し、図面化することができます。方法

以下の図は、これからAnnotationで図面化しようとしているアセンブリファイルです。トップアセンブリには、構成部品やサブアセンブリがあります。今回図面化したいのは、PISTON_ASSY_COMPLETEというアセンブリとFRAMEというパーツです。
20151013-ptc-creo-elements-direct-hint-technique-view-manage-img_01

 


すべてのパーツ、アセンブリを含めて図面化

まずは、すべてのパーツ(構成部品)とサブアセンブリを含めて図面化します。この状態から必要な部品やサブアセンブリだけを図面に残していきます。

20151013-ptc-creo-elements-direct-hint-technique-view-manage-img_02


管理により表示するパーツ/サブアセンブリを指定

以下の順にクリックし「パーツ/ワークプレーン管理」ダイアログを表示します。
Annotationタブ:設定グループ>管理

20151013-ptc-creo-elements-direct-hint-technique-view-manage-img_03

20151013-ptc-creo-elements-direct-hint-technique-view-manage-img_04

まずは、ビューを指定します。ビューの横が黄色くなっていたら選択を待っています。もし黄色になっていなければ、ダイアログから「ビュー」の文字の場所をクリックします。ビューの選択は、画面内で必要なビューを四角で囲めば簡単に複数のビューを選択できます。選択が完了すると「ビュー」は定義済みとなります。同時に3DVPという画面が表示されます。今回は、プレビューは「残り」にチェックが入り、すべての3Dモデルがこのビューポートに表示されています。これは、図面のビューにビューポートに表示されている3Dモデルが"残り"ますという意味です。

20151013-ptc-creo-elements-direct-hint-technique-view-manage-img_05


構造一覧からビューに表示するパーツを指定する

構造一覧からビューに表示するパーツを指定していきます。実際には3DVPで指定していくことも可能です。しかしながら大きなアセンブリなどでは選択しにくいことや、正しい名称のパーツを指定できたかどうかわかりにくいため、今回は構造一覧から指定していきます。

構造一覧から図面にしたときに残るパーツ、サブアセンブリのチェックを入れます。チェックをいれたパーツは3DVPから消えます。
「パーツ/ワークプレーン管理」ダイアログで選択削除を選択します。これから3DVPで選択されたものは、ビューポートから削除されるということです。
3DVPの中には、ビューで使用しないパーツだけが残っていますので、四角で囲んですべてを選択します。

20151013-ptc-creo-elements-direct-hint-technique-view-manage-img_06

「パーツ/ワークプレーン管理」ダイアログで完了ボタンを押すと、指定したパーツだけのビューが作成されます。

20151013-ptc-creo-elements-direct-hint-technique-view-manage-img_07

 

01_ptc_creo

 

FAQの更新情報

FAQの新規追加情報や、更新情報を送りしております。ご連絡を希望される方は、下記にEメールアドレスをご登録ください。

PTC Creo Parametric パッケージのご紹介資料
eBook PTCソリューション構成設計をダウンロード