FAQ-よくあるご質問

Creo Parametric の purge.bat の便利な使用方法

2014.09.18

Topics: ヒントとテクニック, PTC Creo

Creo Parametric に付属する purge.bat を使用すると指定したフォルダー内の古いバージョンファイルを一括で削除できます。この purge.bat のショートカットを使用した古いバージョンファイルの削除方法をご紹介します。

例えば C:\Project フォルダーに Creo Parametric の部品やアセンブリのファイルが保存されていたとします。そしてそこには数多くのバージョンが含まれています。プロジェクトが完了し最終データのみを残す場合には、以下のような方法を利用することができます。

08_nocat

ショートカットの作成と使い方を分けてご説明します。

purge.bat ショートカットの作成

  1. <PTC Creo インストール先>\Parametric\bin\purge.bat を選択します。
  2. 右クリックから ショートカットの作成 をクリックします。
    20140918-purge-bat1
  3. 作成した "purge.bat ショートカット" を選択して右クリックから プロパティ をクリックします。
  4. 作業フォルダー の記述されているパスを削除して OK ボタンをクリックします。作業フォルダー を空白にしておかないと正しく動作しません。
    20140918-purge-bat2

purge.bat ショートカットの使い方

  1. 作成したショートカットをパージを実行したいフォルダーに移動します。
  2. purge.bat ショートカット をダブルクリックで実行します。

例えば C:\Projectフォルダーに purge.bat ショートカット を移動してダブルクリックすると C:\Projectフォルダー内の古いバージョンファイルが一括で削除されます。

注意

この操作はファイル削除を行います。必ず事前にバックアップを取ってから実施してください。
ごみ箱から戻すようなことはできませんのでご注意ください。

01_ptc_creo

 

Advanced Assembly Extensionと構想設計の良い関係

FAQの更新情報

FAQの新規追加情報や、更新情報を送りしております。ご連絡を希望される方は、下記にEメールアドレスをご登録ください。

PTC Creo Parametric パッケージのご紹介資料